パーソナルブランディング・セミナー2007

先日、出席してきたパーソナルブランディング・セミナー2007について。講師は山本秀行さん、立石剛さん、そして平野友朗さん。

講師の方にそれぞれ1時間ずつ、違った視点から(自分の名前、起業家、マスコミ)パーソナルブランドという内容についてのお話。それでは内容を書こう・・・・・・と思い、今になってとてもマズイことに気づきました。

ブログの掲載許可、聞き忘れたorz

・・いや、それだけいろいろと考えたりすること多かったんです(言い訳)。ということで、核心に迫りすぎないくらいのレベルで内容紹介致します(涙)。内容メモというよりは思いつき・ひらめきメモ、という位置づけで…。

自分の名前で稼ぐあなたの成功戦略入門

山本さんのお話。まずはTime誌の「Person of the Year」で去年は「You(あなた)」が選ばれた事を引き合いに、個人名で勝負することについてのお話。ちょうどお話を最後まで聞いた頃、ふと頭に思いついた事がありました。それは、「研究者にとっても個人名って重要だよな」ということ。

研究論文を書く場合、たいていは「○○さんの論文だから・・・」という視点、あるいは「○○誌の論文だから・・・」という視点から見られることがよくあります。こういった事から、自分の研究成果を伝えていく際にも「個人名で売る」事は重要な事なんだろうな、と思ったわけです。

起業家のための自分ブランド構築法

立石さんのお話。正直言って時間が足りませんでした(苦笑)。成功者の具体例を取り上げながらお話を進める立石さんにとって、「1時間」は少なすぎたようで・・・。特に印象に残る部分としては、「お客起点から自分起点へ」という考え方。普通はお客さんに「○○してもらいたいから~」と考えるわけですが、そこをあえて自分起点、「自分がしたい事」から起業へ結びつけるというものです。本田健さんの本にある「ライフワーク」っていう考え方に近いのかもしれませんね。

マスコミに出て自分ブランドを強化する

平野さんのお話。「事前にパワーポイント使わない打ち合わせだったのに、ふたを開けてみたら山本さんと立石さんはしっかり準備していた」という、いきなり会場の笑いを誘うところからスタート致しました(笑)。ちなみに今回のセミナーは、昨年末に発売された「走りながら考える仕事術!」の出版記念会で立石さんと山本さんが会ったという事がきっかけになったようです。どこにきっかけが潜んでいるか、分からないものですよね~。

4534041497 先輩起業家が教える 走りながら考える仕事術!
平野 友朗

日本実業出版社 2006-11-09
売り上げランキング : 2505

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・・・って、このままじゃ内容が無い(寒)。一箇所取りあげるとして、「何でも屋さんではなく、○○ならできますと、一点集中から拡大していく方がよい」という点。このお話を聞いていなかったら、本当に何でも屋さんやり始めていたかもしれないので(汗)。なお、平野さんのセミナーは今後、3月に「ビジネスメールマナー講座」があります。最近はだんだんとメールを使う事も増えてきて、マナーのなっていないメールを出していたらどうしよう…とも思ったりするので、その勉強を兼ねて受講してみようと思っています。

おみやげ

今回のセミナーでは、2005年8月に五反田ゆうぽうとで行われた「ブランディングセミナー(平野さん)」の議事録冊子をいただけました。これだけでもかなりの金額になる内容のようで。・・・・・ちなみに、誰とは言いませぬが、よく知ってる方が登場しておりました(笑)。

関連ブログ

調べたらもっと出てきそうですが(汗)

編集後記

う~ん、内容をうまく隠しながら記事書くのってこんなに大変なんですね(汗)。次からはどこまでばらして良いか、ちゃんと聞きながらセミナー受けます。

懇親会場にて聞いた、人脈に対する考え方のお話を最後に。

「私は○○さんを知っている」ではダメ。「○○さんは私を知っている」と言えるように。

なるほど。