ランチの行列に並んではいけない 中島孝志(著)

多作家、中島孝志さんの本。タイトルだけでは何の本だか分かりづらいですが、「マネするだけで結果が出せる時間マネジメント術」ということでタイムマネジメント本です。15/200冊目。

「効率」と「生産」に気を付ける

4413041593 ランチの行列に並んではいけない
中島 孝志

青春出版社 2006-11-02
売り上げランキング : 65451

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日常にちょっとした変化を

全5章、42項目のタイムマネジメント術が掲載されています。

朝食会、返信メールは一晩ねかせる、異性の視点に学ぶ、といった他の本でも取り上げられている事例から、

  • 「いずれ使うかも」というものは捨てる
  • レイアウト変化でマンネリ打破
  • お風呂にホワイトボード

などの手法まで紹介されています。『「いずれ使うかも」というものは捨てる』という発想は、ついつい物を溜め込んでしまいがちな自分にとっては片づけの指針になりそうな考え方でもあります(苦笑)。時間管理というか、仕事術、ライフハック系の本となっている感じですね。

新書と言うこともあって、得られるものは値段分以上あったかな~と思います。

個人技ではなく分業で

「分業の技術」という項目の中で、

仕事は1人で完結するマラソンではなく、皆で襷をリレーしてゴールに向かう駅伝

という表現がされていました。自分一人の力だけで行うものではなく、複数人で力を合わせて実施するもの・・という事に併せて、それぞれの得手不得手・向き不向きに合った分担をこなし、全体として一つのプロジェクトを完遂する、という事のたとえにもなっています。言い得て妙、ですねぇ。

関連ブログ

句とマップ

生産性 高める時間の 管理術

読書マップ:ランチの行列に並んではいけない

編集後記

昨日はタスクがこなしきれず撃沈orz。今日に食い込んでしまいました…(〆切超過)。今日は重いタスクがないので、どうにかなりそうなのは不幸中の幸いですが…これじゃダメダメですよねorz