人生を変える!「心のブレーキ」の外し方 石井裕之(著)

久しぶりに読書紹介です。・・・時間、開けすぎ(涙)。先日のMOSO会議でも紹介されていた本です。7/200冊。

潜在意識次第。

4894512440 「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~
石井 裕之

フォレスト出版 2006-11-21
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Fake it until you make it!!

石井さんの本は初めてですが、理系的(?)で読みやすい文章です。ただ感情に訴えるというよりは、理詰めで説いてある、という感じですね~。

心にブレーキが働いてしまうのは、潜在意識が現状を維持しようとするから。だから、一度に変えようとするのではなく、少しずつ変えていくことが重要、と。一度変わってくれれば、今度はそれを変えないように(=悪い状態に戻らないように)潜在意識が働いてくれるため、プラスの方向にどんどん進んでいく・・という感じで、ブレーキをうまく外していけるというわけですね。

言われてみると、「変わろう、変わろう」と思ってもズルズルとしてしまうこと、多々あります。少しずつでも確実に行動に移していくことが大事なんですね。部屋の片づけとか、勉強とか、読書週間とか、その他諸々・・・(´・ω・`)時間管理の仕方、なんてのも最近いろいろ悩むことが多いですが、少しずつできるところからコツコツ続けていけたら、と思ってます。そもそもタスクを増やしすぎている自分に問題があるのかもしれないですが(笑

ちなみにこの本の付録CDは、「ダイナマイトモチベーション」の1枚目そのもの。これだけでも1冊分の値段以上の価値があります。というか、このCDもお値段は高いですが欲しくなってます(笑)

関連ブログ

句とマップ

無意識に 抑える心を 操作する

読書マップ:人生を変える!「心のブレーキ」の外し方

編集後記

ようやく本に触れる時間増えてきました^^;