時間管理:時間を見積もる

昨日に引き続き、時間ネタ。時間の見積もりについて、シゴタノ!で大橋さんが書いていらっしゃいましたのでご紹介。

大橋さんによれば、仕事をしている時の時間の感じ方には次のような物があります。

  • 思った以上に時間がかかる(時間に追われている)
  • 気が付いたらこんな時間(時間を追いかける)

前者は束縛し、やや無理矢理感も出ているのに対して、後者は没頭し、楽しんでいる……そんな印象もあります(余談:今は追われてますorz)。後者のように時間と付き合うために提案している方法が、「時間を見積もる」作業。

そのためには、仕事を始める前に、その日に予定しているすべての仕事について、どれぐらいの時間がかかるかを見積もっておくことです。こうすることで、現実にかかった時間と比べることができるようになり、自分の時間感覚の感度を確かめることができます。

タスクリストを作るだけじゃなく(もちろん作るのも大切ですが)、それをどうこなすかも考えることが大切、という事ですね。GTDを行うときに、「作業予定時間の見積もり」ステップを入れてしまうのもいいのかも。そういえば、「時間の教科書」でもシミュレーションしてみる事の大切さが書かれていました。

前判断 するかしないか 大違い

大橋さんの新刊

「スピードハックス」。「ライフハックス 鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア」の佐々木さんと大橋さんの共著です。

4534041837 スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
大橋 悦夫 佐々木 正悟

日本実業出版社 2007-01-31
売り上げランキング : 1091

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

編集後記

Windows Vista、発売日となりました。・・・導入未定。