色々使える小冊子(お客の心をぎゅっとつかむ! 小冊子作成講座)

LuckyUSさんの所なんかで紹介されていた、小冊子に関する本。本ではなく、パンフレットでもなく。本書では、小冊子の特徴(利点も欠点も)、作り方や使い方のコツなんかがまとめられています。

小冊子 みんなに役立つ 一冊を!

読書マインドマップ:お客の心をぎゅっとつかむ! 小冊子作成講座

小冊子の2大効果

ここで指摘されている小冊子の効果は二つ。売り上げUP組織強化、です。

売り上げUP

コストパフォーマンスのよいツールとして、売り込みに使ったり、口コミを呼んだり、売り上げという考え方を持たなくとも、多くの人々に認知してもらうというのが一つ目の効果として挙がります。

組織の強化

もう一方は、組織の強化。小冊子をまとめる作業を通して、自分の知識整理につながったり、「小冊子を作った」という事実が尊敬を呼んだり。こちらは自分自身を高めるという効果ですね。

要するに、周りに認知してもらう一方、作成を通して自分の知識を高めることもできる…という一石二鳥な方法というわけです。

作り方のコツ

作り方のコツについて、いくつか。

相手のことを考える

自分を高める事が効果にあるからと言って、独りよがりな作り方をしてしまっては見向きされません。小冊子を読んでもらう人は、どのような情報を求めているか。どのような事に悩んでいるのか。こういった事を分析した上で、それに沿ったテーマで作っていくことが肝心です。

伝えるべき事

テーマに沿った内容を伝えるのは当然ですが、それに加えて「なぜ書こうとしたか」という動機なども伝えること。直接の内容には関係がなかったとしても、こういう項目があることで人間味が溢れて、読み手にとっても共感が沸く内容になるんでしょうね。

他、色々と特徴とかもありますが、全部書くわけにも行かないのでこの辺で…。

お客の心をぎゅっとつかむ! 小冊子作成講座
お客の心をぎゅっとつかむ! 小冊子作成講座

  • あらがみ かずこ
  • ASIN: 4495574310
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,470
  • 同文舘出版
Amazon.co.jp で詳細を見る

関連ブログ

編集後記

さて、何とか一週間終わったぞ、と。…って、今週は土日も予定が入ってたりするわけだが。 :roll: