Doing More With Less!(レバレッジ・シンキング)

※やたらとサーバが重いことがあります…ご了承くださいorz…上位サーバ乗り換えようかな…。

読書マインドマップ:レバレッジ・シンキング

本田直之さんのレバレッジシリーズ第三弾、「レバレッジ・シンキング」。この本では「労力」「時間」「知識」「人脈」という4つの分野に対するレバレッジのかけ方を紹介しています。

このうち、時間に関しては「レバレッジ時間術」、知識に関しては「レバレッジ・リーディング」を参考にすると理解が深まります。そちらも合わせてどうぞ。

自己投資 レバレッジかけて 効果UP

Doing More With Less

レバレッジの根底にある考え方、「Doing More With Less」。より多くのことを(Doing More)少ない労力でこなす(With Less)、というのがその意味するところです。

パーソナルキャピタル(前述した4つの要素)を伸ばし、マインドによってそれをさらに増幅させる。今までと同じ労力や時間でも、やり方次第では成果が数倍になってくるわけです。

レバレッジをかけるコツ

気になったところはマインドマップにまとめてあるので、そちらを参考に…。特に「人脈のレバレッジ」については、バリューファースト的な考え方が載っていたので非常に共感しました。

他、「Aさんを知っている ではなく Aさんに知られている」状態になる、など。…これは弘中さんのメルマガ「ビジネス発想源」でも似たような話題が出てました。

重要な考え方って、みんな同じように持ってるんですよね。

関連ブログ

創造のタネ

ゴールを明確にするという視点から重要とされているのが、「しないことを見つける」こと。結局のところ、今のやり方を変えようとしたらこれが一番重要になります。

現時点でも(その効率は別として)1日24時間をフルに使っているのは間違いありません。それ以上に何か新しいことをやろうとするなら、結局は何かを代わりに捨てるしかありません(パラダイムシフトを起こせる物があれば、話は別ですが)。

まずは削れるところを見つけたうえで、その分の時間とやる気を新しい物事に割り当てる…というトレードオフをうまく行っていくのがレバレッジのコツとも言えそうですね。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

  • 本田 直之
  • ASIN: 4492042806
  • [単行本(ソフトカバー)]
  • 価格: ¥ 1,523
  • 東洋経済新報社
Amazon.co.jp で詳細を見る

編集後記

…寒すぎます(((´・ω・`)))