音声で一味違った情報発信!(ポッドキャストでガンガン稼ぐ!)

読書マインドマップ:ポッドキャストでガンガン稼ぐ!

ポッドキャストつながりで。アマゾンキャンペーンで飛びついた1冊です(笑)。タイトルは「Mac対応」とついていますが、中身を見るとMacのGarageBandというソフトを用いた制作方法がメインに紹介されています。その点では、Mac対応というよりMac用…です^^;

なお、WindowsでのPodcast作成ではAudacityというフリーソフトが便利です(僕も使ってます)。今回は技術的な点はあまり触れずに、Podcastの利点(とちょっとした宣伝)を書いてみます。

音声で 新たなメディア 作り出す

オンゴーイング・パティオでのPodcast公開に併せて投稿しようとしていたら、ずいぶん遅くなっていたことをお詫びしますorz

音声の良さ

Web上で使えるメディアというと、文字・音声・動画(静止画)あたりが思いつきます。この中で「音声」は視覚を使わずに情報を得ることができます。散歩しながら、電車に乗りながら…様々な場面で、iPodのような再生機さえあれば情報を得られるのが利点です。

一方、動画や文字を歩きながら見るのは困難です。視覚を支配されてしまう、というのが大きな理由でしょう。

ニコニコ動画で「作業用」の動画(BGMとして使えるように、音楽を大量に詰め込んで画像はほとんど入れていないもの)が多く存在するのも、「音声だけなら聞き流しながら作業できるけど、映像は無理」という考えによるのかもしれません。

こんな背景を色々と考えてみると、Podcastの利点が見えてくるような気がします。せっかく色々なメディアが使えるなら、利点をうまく活かして使い分けたいですよね。

番組作りのポイント

テーマ選びに関しては、ブログを作るときとだいたい同じです。

  • テーマを増やしすぎない(汗)
  • オンリーワン(ニッチ分野)を目指す
  • 自分ブランドを確立しておく

などなど。

共通して言えるのは、情報を受信する側にとって、何らかのメリットが得られる物を配信する…というのがカギですね。あまりにありきたり過ぎる物だと埋もれてしまいますし、逆に自己主張が激しすぎる番組になったりすると炎上に結びついたり…。

この辺りのさじ加減は実際に発信作業を通して身につけるのが無難かと思われます^^;

また、話し方については

  • 聞き取りやすく
  • 「間」を使いつつ
  • 複雑な単語を使わずに

といったところがコツでしょうか。文章の時も同じように注意する必要はありますが、戻って聞くのは文章の時より面倒なので、できるだけ一度で理解できるような話し方にするのがポイントだと思います。

創造のタネ

サブタイトルにある「ガンガン稼ぐ」ための使い方をするとしても、忘れてはならない大事なことがあります。それは、いくら稼ごうと思っても、まずはこちらから価値を提供すること。「Podcastを流せばお客さんが集まる」とか、短絡的に考えてしまうと、そのうち愛想を尽かされてしまうことも十分考えられます。

まずはバリューファーストということで、こちらから有用な情報を提供する心構えは忘れないこと。さもないと、せっかく時間をかけて録音・編集作業をしても、

貨幣じゃなく不平しか稼げません orz

なんてことになるかもしれません。

関連ブログ

ポッドキャストでガンガン稼ぐ!―Mac対応
ポッドキャストでガンガン稼ぐ!―Mac対応

  • 中嶋 茂夫
  • ASIN: 4806128082
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,365
  • 中経出版
Amazon.co.jp で詳細を見る

編集後記

エリエス3周年のセミナーで描いてきたマインドマップ。ちょっと著作権的に気になるので、携帯カメラでまとめ撮りしたものを載せておきます。

マインドマップ4枚@エリエス3周年

さすがに4枚も一気に描くのはしんどかったです。。