フォーカス・リーディングの出版記念会に行ってきました

フォーカスリーディング・出版記念セミナー

ちょっと前の記録になりますが…寺田さんの「フォーカス・リーディング」出版記念セミナーに参加してきました。

書籍に書かれていないような部分、フォーカス・リーディングの根本にある想いなどをお聞きすることができ、有意義なセミナーでした。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ

何のために「早く読む」か

今回のセミナーでキモになるのが、「何のためにフォーカスリーディングを行うか」。

フォーカス・リーディングで紹介されている手法を身につければ、確かに従来より早く読むことは可能になります。とは言え、「読む速さと身につき方は別問題」。1冊を1回読む、という行為には代わりがないため、読んだ内容がどれだけ身につくかは速度とは別次元の問題です。

結局のところ、「自分の中で根付いている知識」がどれだけあるかで、読む速さは大きく変わってきます(確かこれはエリエスの土井さんも言ってたはず)。寺田さんのオススメ方法としては、10分で読み切る本以外に、

手に持っただけで暗唱できるくらい

じっくりと読み込んで血肉とする本を、年に10冊くらいでもいいから作って行こう、というものがあります。自分の中でしっかりと活用できるものがあるからこそ、フォーカスリーディングを行った場合の効果も大きくなる、というわけです。

年に10冊くらいということは、だいたい月に1冊くらいの換算。古典的なものやタネ本などをじっくり読みつつ、最新刊の書籍は1冊10分でザッと読みつつ。こんな感じで、読み方をうまく使い分けて実践していきたいものですね〜。

編集後記

さて9月。8月は色々あってメタメタになってたんで、心機一転がんばりまっす。学会とか色々あるし・・・と。