時間畑の耕し方(ビジネス選書セミナー:大橋悦夫さん)

ビジネス選書セミナー:大橋悦夫さん

ビジネス選書セミナーに出席してきました。講師は大橋悦夫さん。LIVEHACKSの内容に沿って、特に「時間畑に種をまく」部分に重きを置いた内容。ワークを含め、主体的な参加が自然に促されたセミナーでした。

LIVE HACKS!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ

主体性

主体性を持って行動する。

これがもっとも根本的かつ大切な部分。人を制する、人に制せられない。

この主体性、自分から「やりたい!」と思ったことにはあって当然。問題は他人から押しつけられていたり、やらざるを得なかったりするタスクです。これらの対処法には、

  1. 主体性を持つように変える
  2. 止める・思い切って捨てる
  3. (ダラダラ続ける)

というアプローチがあります(3はあんまりよくないですが)。時間を有効に使うにも、タスクをこなすやる気を出すにも、「主体的な人ほどその効果は高まる」わけですね。

Hacksのつくりかた

よい習慣を作るための種まき術。カフェで仕事する方法、メール禁止日を作る方法など具体例は色々ありましたが、こういったHacksを作り出すためのポイントは

  • 何か制限を加える(ムチ
  • 望ましい成果が得られる(アメ
  • 繰り返す。まずは1週間やってみる

という3点。現状のままでさらにいい成果を求めようとするのではなく、現在ある自由な部分を束縛して、その分を成果に割り当てる、といった感じでしょうか。理想的には自由なままで成果だけ上がっていけばいいんですが、よっぽどの精神力が無いと「自由さ」が「サボりやすさ」につながります…(´・ω・`)

「あれもこれも」ってワガママはそう簡単に実現しませんね :roll:

小さな事から実践を

一歩一歩、実践あるのみ。セミナーの冒頭に

(時間管理に対する)課題は必ず解決できる。
ただし、それには時間がかかる

というメッセージがありましたが、これを肝に銘じて行動していきたいですね。

編集後記

マインドマップの余談。

久しぶりにステッドラー&色鉛筆で作成。ちょっと薄い感じもあるけど、描きやすかったす。参加者の中に第2期インストラクターの方がいらっしゃったりしたので、どんな評価を受けるかビクビクしつつ(?)作った1枚。