血液型の次は・・・(ひとりっ子の取扱説明書)

ひとりっ子の取扱説明書

今日は軽めの1冊。

B型、A型、AB型と来て、ついにはO型も発売されることになった「取扱説明書」シリーズ。ここに来て、その派生編が登場しました。「ひとりっ子の取扱説明書」。中身の雰囲気は血液型シリーズとほとんど同じですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ひとりっ子ってこんな特徴らしいです

巻頭に「3大性能」と「7つの特徴」が載っています。3大性能とは、

  • 退屈を感じない
  • プレッシャーが栄養源
  • 人の顔色を読める

だとか。…自分もひとりっ子なんですが、そんなに当たってない気も・・・ :???:

特徴の方は本の表紙にも書かれているものですし、全部書いてしまってもつまらないので伏せておきます :cool:

シミュレーションもあります。・・が。

性格分析だけではつまらない、ということで…最後の章は「こんなときどうする?」のシミュレーションになっています。例えば「竹やぶで1億円拾って、結局、全部自分の物になったらどうする?」といった感じの質問。いくつかやってみましたが、正直・・・

当たらない(´・ω・`)

B型本の時と比べて、内容の的中率が落ちてる予感。まあ、僕だけかもしれないのですが…「自分を見透かされている状態を楽しむ」ことはちょっと減りましたね。2匹目を狙ってちょっと転けた感じも…?

ひとりっ子の取扱説明書
ひとりっ子の取扱説明書

  • ASIN: 4331513300
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,050
  • 廣済堂出版
Amazon.co.jp で詳細を見る

まあ、結局のところ「100%当たる」事は(本人でなければ)ほとんど無理でしょうし、
読んで楽しむ本
として考えれば面白い本であることは間違いありません :mrgreen:

編集後記

名刺に使ってるマインドマップを更新。次の印刷から、かな。