マインドマップを手短に知るならこの1冊!(マインドマップが本当に使いこなせる本)

ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本

アスキーのムック本、「マインドマップが本当に使いこなせる本」。前書の「マインドマップ超ビジネス発想術」に続く2冊目です。今回はタイトル通り、完全に「マインドマップ」に特化した本。類似のマップツールなどの紹介はなし、です。

マインドマップの7つのルール、描き方のポイントや活用事例、さらにはiMindMapの解説。付録のDVDまでついて1200円という破格な1冊です :mrgreen:

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

魅力的な記事も多すぎるので全部は書けません :roll: いくつか簡単なメモ書きを。

「赤」の使い方

マインドマップを描く際の色の使い方。本書では、「赤は重要なポイントのために残しておく」という方法を提案しています。これは僕も実践することが多くて、ワンポイントに赤を使ったり、セミナーの場合にはQ&Aやまとめの枝に赤を温存しておく事が多いです。

ちなみに「色」に関するポイントとしては…できるだけ明るい色を多用する、という事も多いですね。見返して楽しいマインドマップの方が嬉しいですし :smile:

「やる気」と絡めて

先日の「やる気ハックス」セミナーで、「いいものを求めすぎてやる気が発揮できずに時間が経ってしまう」という悪循環の例が紹介されていましたが、これはマインドマップを描く際にも適用されます。

最初からきれいなセントラルイメージを描こうとしたり、本を1枚にしっかりまとめようとしたりすると、その「しっかりやろう」という気持ちが逆に足かせになってしまうことがあります。まずは60点から、一歩ずつ。

いきなり完璧にできちゃったら、インストラクターの人がかわいそうです :mrgreen:

付録DVDについて

付録DVDでは、

というコンテンツが収録されています。これだけでも元とれそうですね(笑)。

ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本
ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本

  • ブザン・ワールドワイド・ジャパン、ブザン教育協会
  • ASIN: 4048672347
  • [ムック]
  • 価格: ¥ 1,260
  • アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jp で詳細を見る

他、インストラクター愛用の文房具紹介なども載っています。マインドマップの初級者から上級者まで、オススメの1冊です!

編集後記

五十嵐順子さんといえば、Podcastを始められています。僕と同じ、オンゴーイング・パティオで番組を持っていますので、よろしければどうぞ!