モバイルSEOのポイント(御社がケータイ検索上位を獲得する方法)

御社がケータイ検索上位を獲得する方法―即効!モバイルSEO入門

今日の1冊は、モバイルSEO関連の本です。WordPress用のプラグインを入れた程度しかいじってなかったのですが、いつかは手を加えようと思っていた分野でもあり…ちょうど見かけたので、手に取ってみた1冊です。

rank.gif

モバイル検索の結果

物は試しということで…自分のサイトがモバイル検索に引っかかるか試してみました。パッと確認できたところでは、

  • iMindMap:2位
  • サイエンスコミュニケーション:1位(!)

など。確かにモバイル分野では、まだまだ空きがあるようです。また、「ページタイトルの重要性」について本書で触れられていましたが、このサイトの検索結果を見る限り、その影響は顕著に出ている模様。

普段の書評記事では、 「見出し(書名)」 という形でタイトルを付けています。これがモバイルSEOから見ればマイナス効果のようです。携帯専用サイトを作るなら問題ないのですが、PCサイトと共有する場合、どちらに向けたSEOをかけるかが悩みどころですね。

自分のブログに関連したキーワードをいくつか探してみましたが、次のようなキーワードはまだまだ狙い目です。マインドマップ、勉強法、lifehack、仕事術、研究、学会、速読、レバレッジ、etc. さすがに「書評」はカテゴリ登録済のサイトも多いです^^;

この辺を絡めながらサイトを作ると、簡単に上位に食い込めるかも。特に毎年需要があると思われる勉強系や仕事術系は、今のうちに下準備をしておくと使い回しもしやすいでしょう。

※マインドマップは携帯と相性よくないかもしれませんが(´・ω・`)

今後のモバイル機器を見据えて…

一つ気を付けておくべきは、今後のモバイル機器がどのような方向に進むか、ということ。スマートフォンやフルブラウザ携帯、iPod touchやiPhoneのようなタッチスクリーンの機種が増えているのが現状です。最近ではイーモバイル携帯も誕生しましたし、接続速度や扱えるデータ量もだんだん大きくなることでしょう。

とすると、現時点では「普通の」モバイルサイトも、1年後くらいで一気に様子が変わる可能性もあります。後々の事を考えて、CSSベースで作ったりしておいた方が対応しやすいでしょうね。

画像なし
御社がケータイ検索上位を獲得する方法―即効!モバイルSEO入門

  • 森 直樹
  • ASIN: 4492556052
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,680
  • 東洋経済新報社
Amazon.co.jp で詳細を見る

編集後記

雨が降ったり止んだり。微妙な天気が続きます・・ :sad: