面白くて記憶に残る日本史(歴史Web)

歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!

少し(かなり)軽めに。今日ご紹介するのは「歴史Web」。ITmedia でも紹介されていました。コンセプトは表紙に書かれている通り、

日本史の重大事件がホームページになった!

というものです。

…さて、この1文を読んで「なるほど、日本史の知識をWebにまとめてあるのか。」と思った方。残念ながらハズレです。実際には、「もし、○○の時代に今と同じインターネット文化があったらどんなことになったか?」という設定で、架空のWebサイトデザインが作られています。

ちょっとシュールな雰囲気で日本史を眺めたい方にオススメ。また、歴史に限らず、Webデザインを考える方にもヒントになるところはある…かもしれません^^;

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ

例えばこんな目次があります

例えば邪馬台国。「実際にはどこにあったかよく分からない」的な知識を覚えた方もいらっしゃると思いますが、それを受けて…この時代だったら「○○で卑弥呼さまを見た!」というサイトができあがったりするだろう…と発想が出てきます。

また、大化の改新が終わってからは遷都しまくり状態が続きましたが…Webでも同じ事が起こっただろう、ということで「404遷都版」のページが作られています。(近江、飛鳥、藤原とご丁寧に3つも。)

さらに…もし、この時代に2chが存在していたら…?「源平どっちが好き?腐女子筋連(すれ)」「リアルタイム速報 関ヶ原」など、アホらしいけど本当にありそう…そんな項目を作り上げています。

※合戦のリアルタイム速報とか、スレの中でも計略が飛び交う状態だったかもしれませんよねぇ…。「> 596 織田の中の人、乙。」みたいな感じで。

大きく分けると

  • Webサイト(江戸幕府公式サイトとか)
  • ブログ(炎上しちゃう明智ブログとか)
  • 2ch系(小早川の裏切り キタ━━(゜∀゜)━━! みたいな)

といったモノが200ページほどの本にまとまっております。

この本の楽しさは文字だけで伝えるのは困難ですので、ぜひ一度お手にとってご覧下さい(笑)。世界史版が非常に読みたい本です。

歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!
歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!

  • 藤井 青銅
  • ASIN: 4537254920
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,260
  • 日本文芸社
Amazon.co.jp で詳細を見る

編集後記

今日からしばらく、上野の国立科学博物館でサイエンスコミュニケータ講座。色々予定が詰まってはいる…けど頑張ります(笑)。