ウェブ技術の進化(構造化するウェブ)

構造化するウェブ (ブルーバックス 1577)

ブルーバックスから、「構造化するウェブ」。ウェブの技術面について重点を置いて解説している本です。「ウェブ進化論」などに比べるとやや取っつきにくいかもしれませんが…週末だし、こういう本でもいいですよね(笑)。

ウェブ社会 支える「技術」も 身につける

東大生ブログランキング

なぜ「ウェブ技術」?

利用者としては、深いところまで仕組みを知らずともWebを利用することはできます。極端な例で言えば、検索の仕組みが分からなくても(キーワードからどうやって該当するものを抽出するのか、その順位付けはどうやっているのか、などを知らなくても)Googleを利用することはできます。

とはいえ、そのような仕組みについても少し突っ込んだ理解をしておくと、より深い関わり方ができたり、ビジネスチャンスにつながったりしてきます。

Googleの例で言えば、検索の仕組みを理解することでSEO対策が(他人に踊らされずに)できるようになったり、Googleの検索に足りないものを補うようなサービスを考えたりすることができるかもしれません。

また、ワンクリ詐欺のようなものに対しても的確な対処ができたり、ダウンロード違法化問題に対する見方が変わったり…ということだってあり得ます。自分の見える世界を広げるためにも、ウェブの仕組みを理解するのはいい機会かもしれませんね。

ウェブがプラットフォーム化する

最近の大きな動きとしては、「これまでオフラインで使っていたサービスが、ウェブ上で使えるように移行してきた」というものがあります。メールやオフィスはもちろん、画像編集にタスク管理、さらにはOSそのものまで…。

これによって、OSの違いを気にせず、ツールを使い続けることができます。特に複数台のPCを使い分けている場合、常に最新版がWebにある状態なら、データの同期などを気にせずに作業を進めていくことができます。

一方で生じる問題は、「Webが使えないと何もできなくなってしまう」という恐れ。すべてがWebベースになってしまった場合、ネットの繋がらない場所では何もできない…ということに陥ってしまいます。Google Gearsのようにオンラインサービスをネットが繋がらない場所でも使えるようにするツールも登場していますが、この辺りをどう改善していくかも、今後のテーマの一つです。

Google Gearsスタートガイド

他、メモしたポイントなど

あえて技術的なところは上に書きませんでしたが…以下のような項目があります。一気に読むと消化不良になるかもしれませんので、1章ずつゆっくり読んだ方がいいかも・・。

  • SOA(Service Oriented Architecture)とは
  • 複数のコンピュータによる連携
  • 構造化・双方向リンクによるWeb2.0
  • セマンティックWebの構想
  • プラットフォームとしてのウェブ
  • SOAPUDDIWSDLとは

2008年にウェブがどのように進化していくか、色々と想像しながら読み進めてみるのも面白いかと思います。巻末には参考文献として何冊かあがっていますので、そちらも合わせてどうぞ。

構造化するウェブ (ブルーバックス 1577)
構造化するウェブ (ブルーバックス 1577)

  • 岡嶋 裕史
  • ASIN: 4062575779
  • [新書]
  • 価格: ¥ 861
  • 講談社
Amazon.co.jp で詳細を見る

編集後記

昨夜、「WordPressのカテゴリ説明文にHTMLタグを含める方法」という記事を書いたら、hiromasaさんがさっそくプラグイン化してくださいました!

おかげさまで、ちょっとだけWordPressに関する知識が増えた感じ。もっと色々学んでいこう、うん。