情報感度を磨け! 西村晃(著)

情報の収集と活用

4415069797 情報感度を磨け!―スピード時代を制する収集・活用の新技術
西村 晃

成美堂出版 2002-05
売り上げランキング : 546524

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アンテナ感度を磨く

未整理本、消化キャンペーン中。ブックオフの100円コーナーで見かけた本。アマゾンの様子を見る限り、かなりマイナーな本のようです…。まあ、100円の価値以上が見出せればいいんです(苦笑)

まずはあとがきより、軽く抜粋。

そもそもそんなに有益な情報が簡単に手に入るということは、ほかの人も手にできるということなのだ。みんなが儲かるなんてことがあるわけない。「みんなが知ったら、おしまい」なのだ。情報とは、希少性にこそ意味がある。

溢れかえっている情報の中で、「有益な=希少な」情報を選び出すためのアンテナを持っているか。余計な情報を捨てる判断力を磨くか。

言われてみると当たり前。でも、これを忘れて情報収集をしても、「そんなの常識だよ」と言われるものしか入手できなくなります。たとえば、新聞の一面記事の情報は誰でもすぐアクセスできるため、内容が重要であっても希少性はきわめて低いです。

もちろん、そういった情報に長けている人も大切な存在でしょう。でも、それよりも、たとえば2chのような玉石混淆の「超」大量データの中から、「これは!」という情報を見抜くセンスがある人の方が、価値も高くなるでしょうね。

情報と幸運

なんだかあとがきだけで記事書いてますが(笑)、もう一つあとがきより。

本当に役立つ情報は、行儀よくやって来ないということである。

この一文を見て、先日紹介した「グッドラック」にあった「幸運の下ごしらえ」を思い出しました。待っていればいつか飛び込んでくる物ではなく、自分が日ごろから努力し、準備しておくことで、有意義なことが訪れる。幸運だろうが情報だろうが、これは当てはまることですよね。

句とマップ

希少価値 情報の値打ちは ここにあり

読書マップ:情報感度を磨け!

おまけ

今日は結構あっさり書きましたが…100円以上の価値を感じていただけたら幸いです(笑)

さて、それより…ちょっと問題発生。スパム増大中です(汗)今はコメントもTBもスパムフィルター使っているだけですが、場合によっては認証制にするなり、少し対策してみます…。