WordPress2.3対応のタグ付けプラグイン、Simple Tags

タグです。

ありがとう、WordPress ME! こんにちは、WordPress!

無事にWordPress ME 2.2.3からWordPress 2.3.1(本家版)にバージョンアップが完了し、愛用していたSimple Tagging Pluginもお役ご免となりました。

WP2.3からは標準でタグ付け機能もついていますが、それをさらに強化するべく、Simple Tagging Pluginの後継として生まれたのがSimple Tagsです。

さっそく導入してみたので、使い方など簡単に訳してみます。

※最新情報は別ブログに移しました。

東大生ブログランキング

Simple Tagsで使える関数は以下の4個です。

  1. st_related_posts();
  2. st_tag_cloud();
  3. st_the_tags();
  4. st_meta_keywords();

st_related_posts

related_posts,すなわち「関連する記事」を表示するための関数。指定できるパラメータは以下のようになってます。

  • number:表示する記事の数
  • orderby:記事の選び方。指定できる値は次の4つです。
    • counter:共通するタグの数
    • post_date:投稿日
    • post_title:投稿の名前
    • random:ランダム
  • order:選んだ記事の並べ方。ASCとDESC(昇順か降順)。
  • format:表示の仕方。
    • flat:空白区切り(改行区切り?)
    • list:class=’related_posts’を指定
    • array:PHPの配列として
  • include_page:「ページ」にも表示するか否か
  • exclude_posts:特定IDの記事を除外
  • exclude_tags:特定IDのタグを除外
  • title:関連記事の前に表示する言葉
  • nopoststext:関連記事が無いときに表示する文章
  • dateformat:日付のフォーマット。PHPの記述形式で。
  • xformat:タグの書式。以下の変数が使えます。
    • %post_date%:日付
    • %post_permalink%:パーマリンク
    • %post_title%:記事のタイトル
    • %post_comment%:コメント数
    • %post_tagcount%:タグの数
    • %post_id%:記事のID(使うのかな、これ。。)
    • %post_relatedtags%:関連タグ

st_tag_cloud

タグクラウドの表示用関数。指定できるパラメータは以下の通りです。

  • smallest:最小サイズ
  • largest:最大サイズ
  • unit:サイズの測り方。emなのかpt(point)なのか。
  • number:表示する数。0を指定すると無制限。
  • format:タグのフォーマット。
    • flat:スペース区切り(と書いてるけど、brタグ入った…)
    • list:ulのリスト形式、class=’st-tag-cloud’付き
    • array:PHPの配列として。
  • orderby:並べ方。
    • name:名前順
    • count:頻度順
    • random:ランダム、運を天に任せて。
  • order:表示順、昇順か降順(ASCかDESC)
  • exclude:ここで指定したIDだけ除外
  • include:ここで指定したIDだけ表示
  • limit_days:どこまで古いのを使うか、日付指定。365なら1年前まで。
  • notagstext:タグが無いときに表示する文字列
  • xformat:書式。使える変数は以下の物があります。
    • %tag_link%:タグへのリンク
    • %tag_feed%:タグRSSへのリンク
    • %tag_id%:タグのID
    • %tag_count%:タグを使った回数
    • %tag_size%:タグの大きさ
    • %tag_color%:タグの色(#FFFFFFとか)
    • %tag_name%:タグの名前
    • %tag_rel%:rel=”tag”に変換
    • %tag_scale%:タグの相対サイズ(1~10)
    • %tag_technorati%:テクノラティ用タグ
    • %tag_flickr%:Flickr用タグ
    • %tag_delicious%:del.icio.us用タグ
  • color:色にグラデーションをつけるか否か
  • maxcolor:最大タグの色
  • mincolor:最小タグの色
  • title:タグクラウドの前に表示する文章

残り二つ

st_the_tagsとst_meta_keywordsについてはヘルプが出ていません(汗)。前者はタグを表示する関数。後者はHTMLヘッダーに meta keywordとしてタグを挿入するための関数です。

タグの管理画面

今回はタグの管理画面も便利になっていて、RSSにタグや関連記事を挿入することも可能になっています。とりあえずタグだけ、RSS配信するようにしてみました。

作者への希望、改善点とか

Simple Taggingの時に使えた、tag cloud用の「display_min」が使えなくなっています。これは「N回以上使ったタグのみ、タグクラウドに表示する」という機能。1,2回しか使っていないタグを除外できたので便利だったのですが…。

あとでコメント書いて要望出してみます(笑)。

Simple Tagsを紹介しているWPユーザさま

Googleで上位に引っかかったサイトにリンクです。

創造のタネ

タネというか完全にオマケです。

WP2.2からタグの設定を引き継ぐ際のインポート画面。最初は以下のように、「4ステップ必要です」なんて出てきます(見づらいかも知れませんが)。

インポートの最初。

ですが、2ステップ目が終わった次の画面。

…(´・ω・`;

「4個のステップのプログラムがあるといったのはウソでした!」

…思わず吹き出しましたよ(´・ω・`;

編集後記

WP2.3になり、無事に動いているとは思いますが…何か動作不良になっているところがあったら、早めに教えて下さると助かります(汗)。