自分の「強み」を伸ばすために(さあ、才能(じぶん)に目覚めよう)

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」。原題は「Now, Discover Your Strength」。才能というより「強み」を見つけるための1冊です。なお、本書を買うとWeb上でStrength Finderテストが受けられるのですが…1冊につき1回となっています。Amazonマーケットプレイス、ブックオフなどで買うとテストが受けられない可能性がありますのでご注意を。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ

ストレングスファインダーは、180の質問に答えることで、自分の「才能」となる要素を34の中から5つ選んでもらうもの。具体的には、アレンジ・運命思考・回復志向・学習欲・活発性などがあります。苦手な分野を伸ばして平均的にするのではなく、強みのある部分をさらに伸ばしていこうというスタンスです。

ちなみに才能とは「無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン」と定義されています。生まれつき備わっている気質、とでも言えるでしょう。

創造マラソンの中の人の場合

ストレングスファインダーの結果は以下の5つ。

  1. Ideation/着想
  2. Maximizer/最上志向
  3. Arranger/アレンジ
  4. Significance/自我
  5. Strategic/戦略性

着想と戦略はあるけど分析がないのがポイント(汗)。

  1. 「○○」が面白そう(着想)
  2. 「□□」のようにやればできるかな(残り4つ)
  3. (ここで満足)。

確かにこんな思考の流れ、よくあるんですよねorz

極端な読み方

ぶっちゃけ、ストレングスファインダーのテストを目的とするなら3章からでOKです。また、4章以降の内容は34のストレングスそれぞれについて書かれているため、自分に関係のある5つだけを抜き出して読めば、かなり短い時間で読了できるでしょう。これも一種の速読。

一味違った読み方

34の才能、それぞれのパターンについて頭に入れておきます。自分に直接使えるのは5つだとして、残りの29はどうするか。それは対人関係に役立てます。合計34のパターンすべてが分かっていれば、相手に応じて最適と思われる接し方ができるはず…という寸法です。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 田口 俊樹
  • ASIN: 4532149479
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,680
  • 日本経済新聞出版社
Amazon.co.jp で詳細を見る

編集後記

机の片づけ中 :smile:
100均で買ったトレイが大活躍してますw